テーマ:

白山白川郷ホワイトロード紅葉!

白山白川郷ホワイトロードは白山の北側を石川県白山市尾添から中宮を経て岐阜県白川村へと通じる全長33.3kmの有料道路。ブナの原生林を始めとし、白山の眺望や渓谷美が楽しめる。ふくべの大滝駐車場付近は標高900mで、落差86mの大滝があげる水しぶきと岩肌に映える紅葉が絶景だ。石川県側料金所からは約10分。 料金は1.600円! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと自然公園!

ここからは天候の良いときは、日本一の称名滝が見えます。 今日は残念ながら見えませんでした。 宜しければご覧くださいね。!! 撮影日 08/15 EOS7D MarkⅡ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綿ヶ滝!!

この滝を見るのには、120段の階段を降り、当然帰りも120段の階段を登ります。 初めてきたときは、息切れが酷く倒れるかと思いましたが、今回は2回目で友人と行ったこともあり、息切れもなくゆっくり登りました。 皆さんも、訪れるときは体調を整えゆっくり登ってくださいね。! 宜しければご覧くださいね。!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の手取峡谷!!

石川県にある手取峡谷の新緑の風景です。 右側の崖から滝が2本流れています。 宜しければ、ご覧くださいね。! 撮影日 04/27 EOS7D MarkⅡ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手取峡谷!

 手取峡谷は、手取川の流れがつくりあげた美しい峡谷です。 釜清水(黄門橋)から河原山(対山橋)までの約8キロにわたり、高さ20〜30メートルの絶壁が続き、手取川の清流が流れ下ります。  なかでも黄門橋や不老橋からの眺めが一番お薦めです。もうひとつの見どころの綿ヶ滝は、まるで綿が落ちるように流れる美しい滝です。 新緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越中八尾『川倉不動滝』!

友人と、川倉不動滝を撮影しに訪れました。 県内にはいくつもの滝がありますが、私は八尾の川倉不動滝が一番好きです。 水の流れも優しく、神秘的なものも感じます。 ただ、熊出没注意の看板のみが気になります。 宜しければ、ご覧くださいね。! 撮影日 0…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白山ホワイトロード『ふくべの大滝』!

石川県側にある『ふくべの滝』です! 落差86mと言われ蛇谷随一の大滝です。 この日は、滝の水量が少なくカーテンみたいに左右に揺れていました。 宜しければ、ご覧くださいね。! 撮影日 08/07
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗名滝!

日本の滝百選の1つ。その昔、滝から落ちる水音があまりにも激しく轟音が周囲の森に響きわたりまるで地震のようだったことから地震滝とも呼ばれている。新緑期から紅葉期まで様々な渓谷美を楽しめる。苗名滝では、柱状節理と呼ばれる角柱状態の割れ目がよく発達している。また苗名滝遊歩道の崖上は板状節理と呼ばれる板を何十枚も重ねたような割れ目をもった溶岩が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

称名滝周囲も紅葉!

称名滝に行く途中も紅葉しているので、写真を撮りながらゆっくり歩くと息切れもしませんでした。(笑) 宜しければ、ご覧くださいね! 撮影日 10/21 EOS7D MarkⅡ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落差日本一名瀑布『称名滝』!

落差350m日本一の『称名滝』に出掛けました。 称名滝の紅葉は、今が見頃なのですが生憎の曇り空。 晴れていれば色鮮やかな彩を見せてくれたのに残念でした。! でも、今回は滝上部や山などに雲がかかり、今まで見たこともない称名滝がみれてラッキーでした。 雲にかかる称名滝は、どこか神秘的で観る方によっては恐怖心さえ感じます。 是非、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山市『朝日の滝』!

富山県人でもあまり知られていない、呉羽丘陵にある『朝日の滝』です。 昔、ハンセン病の患者が、病気を治す一心で滝に打たれたところ、何処からともなく現れた白蛇に患部を舐められハンセン病が完治したと言われ、これを聞いた全国の多くの患者が訪れたと言われています。 宜しければ、ご覧くださいね。! 撮影日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩室の滝!

岩室の滝に出掛けました。 滝に近づくにつれ、空気もヒンヤリ・・・マイナスイオンをたっぷり頂きましたよ。! 撮影日 08/12 EOS7D MarkⅡ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越中やつお『川倉不動滝』!

友人と久しぶりに小雨の中、川倉不動滝に出掛けました。 この不動滝は、落差8m以上、盛夏でも冷気が身にしみます。また、熱心な信者が滝に打たれる姿があります。滝壷近くに立つ不動明王は地元住人の夢枕に立った老人のお告げにより祀られたものといわれており、病魔退散のご利益があります。7月上旬に滝開き、8月中旬に不動大祭が開催されます。 越中や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城端『夫婦滝』! -リベンジー

城端夫婦滝に出かけました。 前回は、私一人で夫婦滝を撮影しにいきましたが、あまり上手く撮れず、今回は友人と二人で 撮影に出掛けました。 落差20mの滝と新緑とのコラボかとても素敵でマイナスイオンもたっぷり浴びてきましたよ。 お時間がある方は、ご覧くださいね。! 滝の横で力強く藤の花が咲き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城端『夫婦滝』!

城端夫婦滝は落差が20mあり仲むつまじい滝です。 向かって右が男滝、やや太めの左が女滝で、季節によって太い細いが逆になることもあるそうです。 夜になると重なり合うと言ういい伝えがあります。 宜しければ、ご覧くださいね。! 撮影日 05/13 EOS7D MarkⅡ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登半島・海に落ちる『垂水の滝』(たるみのたき)!

垂水の滝は、直接海に注ぎ込むと言う珍しい滝です。 冬の日本海からの強い風で水があおり上げられることから、別名「吹き上げの滝」ともいわれています。 今回この様な滝が能登に存在するのを初めて知り、また、不思議な感じもしました。 富山県には、この様な珍しい滝は存在しませんからね。! 全国でも珍しいこの様な滝を是非一度観に来て下さいね!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙高『苗名滝』と『妙高山・イモリ池』

長野県との県境、関川にかかる落差55mの苗名(なえな)滝。地震滝とも呼ばれています。「日本の滝百選」にも選ばれています。 妙高山やイモリ池周辺の紅葉はもう少し先の様です。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 10/5 EOS7D
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小矢部市宮島峡『東洋のナイアガラの滝』!

小矢部市宮島峡の滝です。 1枚目から3枚目までは1の滝です。川幅いっぱいに流れおちる滝は小ナイアガラと呼ばれ人気のスポットです。 4枚目から6枚目の滝は2の滝と呼ばれています。私の個人的な意見としては2の滝が好きです。 宜しければご覧くださいね。! 1の滝 2の滝 撮影日 20…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

群馬県『吹割の滝』!

社員旅行で日光東照宮に行く途中、吹割の滝に立ち寄りました。 この滝は、友人から聞いていた事もあり一度は訪れたい場所でした。 川の流れが速く透明感もあり今まであまり観た事のない滝でしたね。 後で気づいたのですが、滝壺もあるのですね。 滝壺が撮影出来なかったのは残念でした。! 宜しければご覧くださいね。! …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

宮崎『高千穂峡』旅行2日目!

旅行2日目は宮崎県高千穂峡です。 この日も、朝から雨。車での移動で高千穂峡に向う途中、雨脚が強くなり気分も沈みがち。 高千穂峡に到着した頃には雨も上がり気分は最高。! ただ、残念な事に、川の増水でポートは中止、川も濁っていました。 雨上がりの新緑は、色彩が深まり滝とのコラボはとても綺麗でしたよ。 宜しければ観て下さいね…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

日本一の名瀑布『称名滝と幻のハンノキ滝』そして『ソーメン滝』三競演!

5/24の続きです。 駐車場から称名滝まで1.3㎞。時間にして15分です。 途中、(レストランの裏側から)称名滝、ハンノキ滝・ソーメン滝。三滝の競演がみれます。(1枚目) 滝までの行程には絶景が続くのでお勧めです。夏場には観れない滝が今の季節、あちこちに出現。 左側のくぼんでいる所が称名滝、中央が幻のハンノキ滝、右がソーメン…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more