砺波市・電車とひまわり!

以前は、畑一杯にひまわりが咲き誇っていましたが、現在では、ひまわりは植えていません。 道幅が狭く交通渋滞になるため今後もひまわりを植えないとのこと。 なるほどね‥‥残念ですが諸事情があるため仕方がない事です。 宜しければご覧下さいね。! 撮影日 08.01.EOS R5 

続きを読む

高岡市七夕と万葉線!

高岡の七夕祭りは08.07迄となっています。 コロナの影響で市のイベントはすべて中止です。夜の散歩兼ね涼を楽しむのも良いと思います。 但し三密は避けてくださいね。 宜しければご覧下さいね。! 撮影日 08.02 EOS R5

続きを読む

夕方の北陸新幹線と立山連峰‼

新幹線の背景には北アルプス立山連峰が聳え立っています。 世界全体が新型コロナ感染のため旅行は無理なので 999のように宇宙に飛べる電車が欲しいものですね。 撮影日 04.21 EOS R5

続きを読む

万葉線とサクラ‼

この日は、ひどい黄砂で視界も悪く立山連峰は全く見えませんでした。 それでも、東京から来られた方もいて写真を撮影してましたね。 立山連峰が見えないのが残念と嘆いておられました。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 03.30 EOS R5

続きを読む

万葉線と立山連峰‼

本路線は軌道路線である高岡軌道線と鉄道路線である新湊港線の2路線で構成されている。両線で一体的な運行を行っているため、全線にわたって路面電車タイプの小振りな電車が使用されている。 高岡軌道線区間はほぼ全線が道路上を走る併用軌道であるが、米島口 - 能町口間が専用軌道になっており、西日本旅客鉄道(JR西日本)氷見線、日本貨物鉄道(JR貨物)新湊線を跨いでいる。また、中伏木 - 六渡寺間も専用軌道となっている。 米島口駅のそばに万葉線本社及び車庫がある。 越ノ潟駅で、富山新港の港口を渡る富山県営渡船に連絡する。 宜しければご覧くださいね。‼ 撮影日 03.25 EOS R5

続きを読む

万葉線‼

立山連峰を背景に高岡から越ノ潟迄万葉線が走っています。 宜しければご覧くださいね。‼ 撮影日 02.26 EOS R5

続きを読む

雨晴海岸!

雨晴海岸から撮影しました。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 12.23 EOS R5

続きを読む

宇奈月紅葉!

宇奈月駅周辺から撮影しました。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 11.11 EOS R5

続きを読む

高岡・射水万葉線!

射水市は、県内でも獅子舞が一番多く在る市です。 そのためか、万葉線電車にもラッピングが施されています。 ドラえもんともども宜しくお願いしますね。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 09/13 EOS R5

続きを読む

電車・海・山!

氷見線の電車です。 遠くには、新湊大橋と立山連峰が聳え立っています。 撮影日 03/25 EOS 7D MarKⅡ

続きを読む

「忍者ハットリくん列車」と立山連峰!

忍者ハットリくん列車[編集] 2004年3月27日より氷見線と城端線でキハ40形気動車3両に氷見市出身の漫画家藤子不二雄Ⓐの漫画『忍者ハットリくん』のキャラクターが描かれたラッピングを施した「忍者ハットリくん列車」が運行されている[19]。 2008年4月1日からは主人公のハットリくんの声で沿線の案内放送が行われている[20]。ハットリくん音声放送は当初運用列車で終日行われていたが、現在は土休日の日中のみ流されている[21][要検証 – ノート]。城端線で運用される場合はハットリくんの音声放送はない。 2011年に「忍者ハットリくん列車」のラッピングがリニューアルされ、2011年5月13日に高岡駅氷見線ホームにて「忍者ハットリくん列車」リニューアル出発式が開催された[22][23]。 撮影日 01/19 EOS7D MarkⅡ

続きを読む

観光列車『ベルモンタと立山連峰』!

城端線・氷見線の一番の魅力は、自然豊かな車窓。 沿線の海岸や散居村、山々の風景は美しく、四季折々、その日の時間によって刻々と変わる美しい車窓は、まさにARTです。 <NAME CONCEPT> 高岡を起点に、山側・海側の双方に路線が伸びる城端線・氷見線。このエリアの特徴である「美しい山と海」をフランス語で表現しました。この個性的な名称を親しみを持って呼んで頂くために、愛称名を「べるもんた」としています。 <LOGO DESIGEN CONCEPT> ゴールドの枠は窓枠を表し、車窓から見える山と海をシンボリックに描きました。「Belles montagnes et mer」の文字で、城端線・氷見線を結ぶレールと、旅旅で訪れた土地と旅人の心を繋ぐ架け橋をイメージしています。 宜しければご覧くださいね。!! 撮影日01/19 EOS7D MarkⅡ

続きを読む

D51と桜!

福光公園に展示してあるD51 です。 宜しければご覧くださいね! 撮影日 04/13

続きを読む

ドラえもんトラム!

藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)[1]、1933年〈昭和8年〉12月1日 - 1996年〈平成8年〉9月23日[1])は、日本の漫画家、脚本家。 富山県高岡市定塚町出身。富山県立高岡工芸高等学校電気科卒[1]。 隣接の氷見市出身の安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表。児童漫画の新時代を築き、第一人者となる。代表作は『ドラえもん』『パーマン』『キテレツ大百科』『エスパー魔美』『21エモン』など。氏名の間にある「F」は本名「藤本(フジモト)」の頭文字である。 撮影日 01/27 EOS7DMarkⅡ

続きを読む

高岡万葉線・ドラえもんトラム!

高岡市出身の漫画家藤子・F・不二雄さんの代表作「ドラえもん」は、2112年9月3日に誕生。ドラえもんトラムはドラえもんの「生誕100年前」を記念して、2012年9月に運行を開始しました。藤子氏のふるさとである高岡から、藤子氏が漫画を通じて子どもたちに伝え続けてきた「夢」「希望」「友情」「勇気」「大いなる好奇心」を、全国に向けて発信し、未来に伝えていきたいとの思いから、(株)藤子・F・不二雄プロのご協力を得て実現したものです。車内外にドラえもんのキャラクターがデザインされており、とても人気なトラムとなっています。ドラえもんトラムに乗りに高岡を訪れてみましょう。 撮影日 01/18 EOS7D MarkⅡ

続きを読む

蒸気機関車D51と桜!

福光公園に展示してあるD51です。 桜とのコラボがとても良いです。 よくを言えば、走っていれば良いのですが・・・・ 無理ですね。!! 宜しければ、ご覧くださいね。! 撮影日 04/08

続きを読む

北陸新幹線!

友人に、新幹線撮影ポイントを教えてもらい 一緒に撮影に出掛けました。 こんなに良い場所があるなんて知りませんでした。 宜しければ、ご覧くださいね。! 撮影日 03/25

続きを読む

立山駅!

立山駅です。 今は雪で閉鎖中ですが、春になると黒部ダムなどに行く方で賑わいます。 撮影日 01/07

続きを読む

富山地方鉄道上滝線の景勝地!

立山駅の途中にある景勝地です。 鉄橋を渡るとき電車は減速しゆっくり走ります。 勿論、この景勝地を観てもらうためです。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 01/07

続きを読む

城端線『ベル・モンタ』!

観光列車ベル・モンタは毎週土曜日は城端線。日曜日には氷見線を走ります。 五箇山に訪れるときは、城端駅から五箇山行きのバスに乗り継ぎます。 これからの季節、雪景色を観るには城端線は欠かせません。! 宜しければ、ご覧くださいね。! 撮影日 12/23

続きを読む