富山市『延命地蔵祭り』!

芥川賞作家、宮本輝の「蛍川」の舞台となったいたち川は昔、たびたび水害をもたらしており、特に安政5年(1858年)の大地震の際には、多くの土砂が辺りを覆い尽くし、多数の病人がでたという。お告げに従い、川から拾い上げた地蔵尊像を供養したところ、病に苦しんでいた人々が快方に向かったと伝わる。このできごとがあって以来、この地の湧き水は「万病に効く水」として広く知られ、多くの人々が汲みに訪れている。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 2013. 07.27 EOS7D

続きを読む

石川県珠洲市『須須神社』!(パワースポット)

須須神社は能登半島の先端に位置し、鳥居のすぐ目の前が海に面している神社です。 日本海側一帯の守護神とされ、第10代祟神天皇の時代に創建された由緒ある神社です。 祭神は、寺家高座宮の主神高倉彦神(たかくらひこのかみ)と山伏山山頂の奥宮に祀られている美穂須須美命(みほすすみのみこと)です。須須神社の宝物殿には、国指定重要文化財の木造男神像や、数々の古文書、義経ゆかりの品々が収蔵されています。中でも「蝉折の笛」は義経が海難を救われたお礼として奉納した宝物の一つです。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 2014. 08.28 EOS7D

続きを読む

石川県羽咋市『毎月一日は心むすび祭・気多大社』!

創建二千年もの歴史を持つ能登一宮 ​​​​​​気多大社は大国主命(おおくにぬしのみこと)、またの名を大己貴命(おおなむちのみこと)を祭神に祀る神社です。 古くは天平20年(西暦748年)、当時越中国守であった大伴家持が能登巡行の折に「気太神宮」に赴いたと「万葉集」にみえ、平安時代の神社台帳である「延喜式神名帳」では名神大に列しています。 大正時代に国幣大社に列したことから「気多大社」として親しまれています。 門出式(1月11日)、平国祭(3月18~23日)、例祭(4月3日)、御贄祭(5月・9月1日)、大祓式(6月30日)、鵜祭(12月16日)など、四季折々に様々な神事が行われ、境内はゆかしい風情が漂います。 1983年5月、昭和天皇が本殿背後の入らずの森を視察された際には、 「斧入らぬ みやしろの森 めづらかに からたちばなの 生ふるを見たり」 との御製を詠まれました。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 2014. 0814 EOS7D

続きを読む

石川県羽咋市『妙成寺・五重の塔』!

歴史 寺伝によると、永仁2年(1294年)、日像は、師命により京都に妙法を布教するため佐渡から七尾へ渡る船中、石動山天平寺の座首満蔵法印(乗微)と法輪を交わした。満蔵法師は法華経に感銘を受け、石動山に日像を招き、全山衆徒の前で法華の教えを説いた。ところが、衆徒は日像の説法に罵言を吐き、暴徒化し二人を襲った。二人は急いで下山し、命からがら滝谷へと逃げ延びた。日像は鎌倉より携えていた槐の杖を地面に挿し、「この杖より根が生ずるなら、汝この地に法華の寺を建立すべし」と満蔵法印に言い残して京都に向かった。 まもなく杖より根が生え始めたので、満蔵法印は日乗と名を改め、叔父の滝谷領主柴原法光の助力を得、開山を日像、自らを第二祖として妙成寺を建立した。 天正10年(1582年)、能登国の太守となった前田利家から寺領の寄進を受け、また、慶長8年(1603年)、利家の側室寿福院(三代藩主前田利常の母)の帰依を受け、その菩提寺になるなど加賀藩前田家から手厚い庇護を受け、隆盛を極めた。その後、七堂伽藍が完成し、寛永8年(1631年)には、加賀藩3カ国の日蓮宗の総録所(触頭)となった。 現住は69世駒野日高貫首(世田谷区常在寺より晋山)、通師堀之内法縁。 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 2014. 08.14 EOS7D

続きを読む

高岡市国泰寺・仁王像‼

国泰寺の仁王像は多分県内一の大きさを誇っていると思います。 以外にも可愛いお顔をしていらしゃるので優しく出迎えてもらえます。 コロナが収まれば皆さんも遊びに来てくださいね。 宜しければご覧くださいね。‼ 撮影日 05/28 EOS 5DsR

続きを読む

高岡市・国泰寺石庭‼

 ※国泰寺からの、お知らせ   『開山慧日聖光国師御遺誡』より  令和2年6月2日、3日開催予定の国泰寺開山忌は、新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっているために、中止とさせていただくことになりました。  虚無僧による献笛、おねりなどもありません。現状は厳しく、少しでも感染拡大を阻止するための措置である、とご理解ください。  国泰寺としても、一刻も早い終息を心から願っておりますが、感染者は増加し続け、先の見えない状態が続いております。  この感染症のやっかいなところは、一見無症状でも「他人に感染させてしまうおそれがあること」、そして「高齢者や基礎疾患がある方」は重症化しやすいということです。 今はなるべく不要不急の外出を避け、感染しない、感染させないことが大切です。 新型コロナウイルスに関する情報は、厚生労働省の開設したページでもご覧になれます。正しい情報に従い、出どころ不明な情報に惑わされないように注意しましょう。 言葉を話す時は、 偽りや虚妄を除き去ることが必要であり 何かを行う時には 穏やかに偽り無く ずばりと潔(いさぎよ)く 行おうとする事を大事にする。 『開山慧日聖光国師御遺誡』より 宜しければご覧くださいね。‼ 撮影日 05/28 EOS 5DsR

続きを読む

金閣寺‼

今では懐かしい社員旅行で京都に行ってきました。 宜しければご覧くださいね。‼ 撮影日 2012.06.11 EOS 7D

続きを読む

砺波市・千光寺(ソフトフィルターで撮影)‼

今回は、ソフトフィルターを外すのを忘れていて撮影しました。 これも、味があっていいかなぁ~と思い掲載しました。 よろしければご覧くださいね。‼ 千光寺(せんこうじ)は、富山県砺波市芹谷[1]にある真言宗の寺院。山号は芹谷山。 開基は大宝3年(703年)といわれ、彌勒山安居寺(南砺市安居)とともに砺波地方でもっとも古い寺とされる。浄土真宗の多い富山県にあって真言宗の寺院は珍しく、その中でも特に古い伝承と多くの寺宝を保持しており、越中真言の古刹として著名である。また、閻魔像を安置する寺としてもよく知られる。 撮影日 05/13 EOS7D MarKⅡ

続きを読む

仲の良いお地蔵様‼

お地蔵様2つに桜も2本。 夫婦地蔵かなぁ~(・・? イヤ、そんなことは聞いたことがないなぁ~ 宜しければご覧くださいね。‼ 撮影日 04/14 EOS5DsR

続きを読む

熊野神社!

一眼が重いため、長年使っていなかった SX50HSを久しぶりに使用しました。 操作が思い出せずAUTOで撮影しました。(笑) 宜しければご覧くださいね。! 撮影日 04/04 SX50HS

続きを読む

各願寺!

4/12には、曲水の宴が行われますがそのころには桜が散っているのではないかと 今から心配しています。!! お時間のある方はご覧くださいね。! 撮影日 03/03 EOS 7D MarKⅡ

続きを読む

大境漁港周辺の風景!

友人と大境に出掛けました。 海を観ているだけで、気持ちが スッキリしましたよ。 宜しければご覧くださいね! 撮影日 06/21 EOS7D MarkⅡ

続きを読む

氷見市東旭山・『光西寺』!! お稚児さん募集!!

春の季節、初めて光西寺さんに訪れました。 こんなに桜が咲き誇っているとは初めて知りました。 今までは、ツツジの季節しか訪れていなかったので 私が勝手にツツジ寺と呼んでいましたが、今回から桜寺とも呼びたいと 思います。(笑) お稚児さん募集について 〆切は5月末日迄に 晋山式6/30となっています。興味のある方は参加してみては。 少し上に歩くと長坂の棚田があり富山湾と立山連峰が一望でき、 『世界で最も美しい湾』の一つに選ばれています。 2019年10月 日本初!! 富山開催決定しました。!! 宜しければご覧くださいね! 撮影日 04/14

続きを読む

曲水の宴・午後から雨で・・・・・平成から令和!

平成生まれのイベント令和に 曲水の宴 北日本新聞(2019年4月16日) 一覧  小川を流れる杯が自分の前を通り過ぎるまでに歌を詠む宮中行事を再現した「ふちゅう曲水(きょくすい)の宴(えん)」が14日、富山市婦中町長沢の各願寺で開かれた。雨のため本堂の中央を水路に見立てて、地元の児童や生徒、住民らが平安時代の衣装で出演。今年の歌題「和」にちなんだ短歌が朗詠され、平安のみやびがよみがえった。  曲水の宴は平安貴族や江戸時代の富山藩主が同寺で楽しんだとされる。地元の実行委員会(山田政夫委員長)が地域おこしの一環として1989(平成元)年に復活させ、毎年開催している。  開会式で山田委員長が平成とともに歩んできたイベントの歴史を振り返り「平成最後の歌題に選んだ『和』を含む新元号に決まり、曲水の宴が未来へ続くことを確信した。ますます大きく育てていきたい」とあいさつした。  曲水のほとりで開催する予定だったが、雨のため屋内に変更。雅楽が響く中、童子役3人に導かれた7人の歌人役が入場した。7人はそれぞれ友情や家族との絆、心安らぐ出来事、平和への願いを「和」に託して詠み、短冊にしたためた。歌は独特の節回しで朗詠された。  開会に先立ち、2月末まで「和」を歌題に公募した短歌の表彰式、富山藩主が花見に訪れる様子を再現した「入山行列」、地元園児らによるアトラクションがあった。 …

続きを読む

各願寺!

曲水の宴前日はこのように晴れていましたが本番当日は 曇りと小雨。!次回本番当日の写真を掲載します。 宜しければご覧くださいね! 撮影日 04/13 EOS7D MarkⅡ

続きを読む

合格祈願なら於保多神社!(おおたじんじゃ)

元は浄禅寺(現 富山市梅沢町)の境内社であった。弘長3年(1263年)、菅原道真公の尊像を奉り錦重山浄禅寺としたのに始まる。寛文5年(1665年)、浄禅寺境内に新たに天満宮を作り、北野天神を勧請した。富山藩主前田家は菅原道真の末裔を称しており、浄禅寺天満宮は前田家の祈願所とされた。宝永5年(1708年)現在地に遷座し、明治6年(1873年)に通称「柳町天満宮」から現在の「於保多神社」に改称した。 撮影日02/27 EOS7D MarkⅡ

続きを読む

櫛田神社 1月2日の風景!

初詣に出掛けました。 今年は白馬ではなく普通の馬がお出迎えしてくれました。 多くの方が参拝していました。 宜しければご覧くださいね! 撮影日 01/02

続きを読む

水面に映る紅葉!

早朝友人と高岡古城公園へ 紅葉の写真を撮影しに行きました。 もう少し早いような気がしました。 宜しければご覧くださいね。! EOS5DsRで撮影.

続きを読む

越中八尾『おわら風の盆諏訪町風景』!

今年はおわらに行けないと思っていましたが、友人の誘いと付き添いで2日目の『風の盆』に行くことが出来ました。 人気の諏訪町のため多くの方が訪れていて、撮影するのも難しかったです。 宜しければご覧くださいね。!! ] 撮影日 09/02 EOS7D MarkⅡ

続きを読む

今日から『越中八尾おわら風の盆』が開催されました。!!

天候が心配ですが、午後からは雨が降っていないようです。 私は昨年同様、今年もおわら祭りに出掛けることはないです。 体調不良が続きスッキリしませし、坂道を歩くことも困難のため(笑) 来年こそは、訪れたいと思っていますが・・・・ 今回の写真は以前撮影したものです。 宜しければご覧くださいね。!

続きを読む

越中八尾『おわら風の盆』に訪れた際には本法寺にもお立ち寄りください!

法華宗別院、長松山本法寺は、1316年に法華宗総本山本成寺(ほんじょうじ)開祖、日印(日蓮の孫弟子)の弟子、日順上人により建立されました。北陸道総末頭本山と定められ、北陸道布教の中心地となりました。もともと城生村にありましが、城主没落後、現在地に移りました。赤松の巨樹たちが深く歴史を語る山里の静かな寺で、山門や鐘楼堂の彫刻が見事です。国の重要文化財指定の「法華経曼荼羅絵図21幅」は寺宝となっています。別名「マンダラの寺 黒瀬さま」。心静かなひとときが過ごせます。 おわら風の盆に訪れた際は、本法寺の見事な彫刻を見に来てくださいね。!! 宜しければご覧くださいね。!! 撮影日 08/19

続きを読む

立山町大岩日石寺夏!

大岩山日石寺は、立山連峰の裾野にあり、「大岩のお不動さん」と呼び親しまれています。不動明王を本尊とし、その境内には、国指定史跡大岩日石寺石仏、重用文化財大岩日石寺磨崖仏をはじめ、三重の塔、山門、六本滝など数々の寺院や名所があります。 美味しいそーめんを食べ涼を楽しみながら遊びに来てくださいね。!! 撮影日 08/18 EOS7DMarkⅡ

続きを読む