過去の写真・延命地蔵尊祭り・灯籠流し!

芥川賞作家宮本輝氏「蛍川」の舞台となったいたち川。「富山の名水」としても知られるこの地の湧き水は「万病に効く」といわれ、毎日県内外から水を汲みに多くの人が訪れます。 龍の形をした蛇口から、絶えず豊かな水が湧き出ています。 撮影日 2013.07.23.24. EOS 7D

続きを読む

那谷寺!

この日は観光客の方は、ほんの少しだけで貸し切りみたいなものでした。 宜しければご覧下さいね。 撮影日 06.21 EOS 5DsR

続きを読む

夕方の海王丸!

夕方の海王丸です。! 観光客の方も少なく台風後の雲だけが多く残っていました。 宜しければご覧下さいね。 撮影日 07.28 EOS R5

続きを読む

石川県志賀町・機具岩!

二つの岩が寄り添う夫婦岩。 能登屈指のマジックアワーポイント。 そのむかし、能登に織物の業を広めた渟名木入比咩命が 突如山賊に会い、思わず背負っていた織機を海中に投げたところ、 忽然と岩に変じたという伝説が残っています。 伊勢の二見岩によく似ていることから能登二見とも呼ばれています。 意外にも、大きい岩が女岩で、小さい岩を男岩と呼称します。 そしてなんと言ってもここの夕日は絶景。 昼間とまるで違う表情が現れて、 その神秘的な姿がカメラマンたちをグイグイ引き寄せます。 また、夏季・冬季限定のライトアップも楽しめます。 宜しければご覧下さいね。! 撮影日 07.23 EOS R5

続きを読む

白山比咩神社!

石川、福井、岐阜の3県にわたり高くそびえる白山は、古くから霊山信仰の聖地として仰がれてきました。ふもとに暮らす人々や遥かに秀麗な山容を望む平野部の人々にとって、白山は聖域であり、生活に不可欠な“命の水”を供給してくれる神々の座でした。 やがて山への信仰は、登拝という形に変化し、山頂に至る登山道が開かれました。加賀(石川県)の登拝の拠点として御鎮座二千百年を越える当社は、霊峰白山を御神体とする全国白山神社の総本宮です。 宜しければご覧下さいね。! 撮影日 07.21 EOS 5DsR

続きを読む

能登輪島・・總持寺祖院!

 大本山總持寺は、令和3年(2021)に開創700年を迎えます。また、同年3月には、平成19年(2007)の能登半島地震で被災した大本山總持寺祖院の復興工事が完了し、落慶法要をはじめとした記念諸行事を、開創の地である輪島市門前町の同祖院にて開催することとなりました。  この地は、古くは北前船の寄港地として栄え、大本山總持寺が長い歴史の中で、海を通じて禅文化を全国各地に広めてとされています。これを「禅と海」と銘打ち、大本山總持寺と禅文化に育まれた禅の里・輪島市との結び付きをさらに深めるとともに、横浜市鶴見区、学校法人総持学園鶴見大学、全国曹洞宗青年会等と協力し、禅の世界の奥深い歴史や厚みある文化のさらなる魅力発信と相互交流の促進を図るため、「禅と海 里づくり・交流促進プロジェクト」を令和元年5月に立ち上げました。 宜しければご覧下さいね。! 撮影日 07.23 EOS R5

続きを読む

石川県・那谷寺!

この日もうだる様な暑さで30℃越え・・・mkさんも暑さに負けず撮影していましたよ。 宜しければご覧下さいね。! 撮影日 07.21 EOS R5

続きを読む

太閤山ランド・ヘメロカリス

ユリの一種、ヘメロカリスが射水市黒河(小杉)の県民公園太閤山ランドで咲き、16日も黄色やオレンジ色の花が来園者を迎えていた。施設によると、15品種4万株が植えられており、今月中は楽しむことができそうだという。 宜しければご覧下さいね。 撮影日 07.17 EOS R5

続きを読む

越中八尾・本法寺。

本法寺(富山市八尾町)概要: 本法寺の創建は鎌倉時代末期の正和5年(1316)、日順(日印の弟子)が開山したのが始まりと伝えられています。本法寺は当初、井田村に境内を構え法華宗の北陸道総末頭本山として大きな影響力がありました。北陸地方布教の中心道場となったことで隆盛を極め最盛期には境内に坊舎42字を擁し、末寺は30余ヶ寺を数える大寺だったそうです。 寺宝である絹本著色法華経曼荼羅図は室町時代の明応6年(1497)に室町幕府10代将軍足利義材が越中守護職の畠山政長を頼り越中国放生津に下向した際、政長の家臣で現地を采配していた越中守護代神保長誠が義材の政務復帰を祈願して奉納したもので、安産に御利益があるとして信仰の対象になると江戸幕府10代将軍徳川家治が側室が懐妊した際に江戸城に取り寄せ安産祈願が行われています。 本法寺は戦国時代に入ると当時の領主斎藤氏から庇護され城下に近い城生村に移され、斎藤氏が衰退すると樫尾に移されました。江戸時代に入ると富山藩(藩庁:富山城)前田家から庇護され、明和年間(1764~1772年)に現在へ移っています。 本法寺の境内は広大で飛騨の匠による名建築が軒を連ねる古寺特有の雰囲気が漂っています。山門は寛政6年(1794)から10年の歳月の後竣工したもので、規模だけでなく屋根を支える力士像や龍、鳳凰といった彫刻が施された重厚な建物です。鐘楼堂は天保2年(1832)に建てられたもので入母屋、桟瓦葺きの重厚な屋根の下には均整のとれた木組や壁一面に施された彫刻、高…

続きを読む

過去の写真・博多山笠・櫛田神社‼

このお祭りの”舞台“となる櫛田神社の境内に建つ。追い山笠の終了とともに山笠は解くのが決まりであるが、この山笠は例外。祭り期間以外に来た観光客用に 一年を通して公開される。毎日、記念撮影の人々でにぎわう。(博多区上川端町) 宜しければご覧下さいね。 撮影日 2013.06.15 EOS 7D

続きを読む

過去の写真・日光東照宮‼

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を主祭神として祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在である。また久能山東照宮・上野東照宮と共に三大東照宮の一つに数えられることが多い。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、東照宮の公式サイトがホームページに「日光東照宮」と掲げており[1]、他の東照宮との区別のために「日光東照宮」と呼ばれることが比較的多い。 隣接する仏教寺院の輪王寺は、勝道による日光山開山を奈良時代の天平神護2年(766年)とする。その後、関東地方の霊場として尊崇を集め、鎌倉幕府創始者の源頼朝からも寄進を受けた[2]。頼朝は、母方の熱田大宮司家の出身者を別当に据えて以来、鎌倉幕府、関東公方、後北条氏の歴代を通じて、東国の宗教的権威となっていた。こうした歴史を背景に、徳川氏は東照宮を造営したと考えられる。 輪王寺、日光二荒山神社を含めた二社一寺は、「日光の社寺」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。JR日光駅、東武日光駅にかけて門前町が形成されています。 *私たちが訪れたときは陽明門は修復中でした。 宜しければご覧下さいね。 …

続きを読む

過去の写真・浅間(せんげん)公園五重の塔と富士山‼

大な「富士山」と五重塔「忠霊塔」が一目に見ることができ“NIPPON”を体感できると海外からも大絶賛のスポットです。新倉山の中腹にあり、398段の階段を登るプチ登山の後に見る景色は一見の価値があります。 公園内には約650本の桜が植えられ、春にはさくらまつりが催されたくさんの花見客で賑わいます。 また、新倉富士浅間神社や新倉山に登るハイキングコースもあり、多くの方にお楽しみいただけます。 新倉山浅間公園の特集記事に、桜の季節について紹介しています。ご確認ください。 【特集記事】山梨の桜の名所、新倉山浅間公園で富士山と桜の絶景コラボを満喫 宜しければご覧下さいね。‼ 撮影日 2015.01.11 EOS 7D MarkⅡ

続きを読む

過去の写真・赤坂豊川稲荷東京別院‼ パワースポット‼

赤坂にある幅広い願いを聞いてくれるパワースポット「豊川稲荷東京別院」をご存じですか?金運、健康運、対人運、技芸運、商売繁盛、家内安全、良縁祈願や縁切り祈願まで様々!境内には狐がいっぱい祀られており、その形も多彩です。それほど規模は大きくありませんが、たくさんの神様が集まった神聖な空気が漂う場所です。 赤坂の豊川稲荷東京別院はお守り、おみくじが大人気。 お守りの効果がすごい、おみくじが当たるし縁起物までついてくる。 スグに売り切れてしまうのは限定御朱印帳。 販売からすぐに完売してしまうほどです。 持ち帰りも出来るご神水、運気をアップしましょう。 時代劇などによく登場する「大岡越前守忠相公」が、愛知県の豊川稲荷から鎮守・豊川ダ枳尼眞天を勧請して、ご分霊を自宅に祀ったのがはじまりとされています。当時(江戸時代)には、今川義元、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、九鬼嘉隆、渡辺崋山などの名武将たちの信仰を集め、庶民の間でも広く信仰を集めていたそうです。 宜しければご覧下さいね。‼ 撮影日 2015.06.28 EOS 7D MarkⅡ

続きを読む

過去の写真・滋賀県石山寺‼

西国三十三所観音霊場の第13番札所。奈良時代後期に、聖武天皇の発願により、良弁によって開かれた。広大な境内には、寺名の由来となった天然記念物の硅灰石(けいかいせき)がそびえている。国宝の本堂・多宝塔をはじめ、経典・聖教類、仏像、絵巻など多くの国宝、重要文化財がある。 【石山寺多宝塔】  建久5年(1194年)に源頼朝が寄進したと伝えられる日本最古の多宝塔で国宝に指定されている。均整のとれた優美な建築で、内部の柱や天井の廻りなどには仏像や草花などの絵が描かれている。 【月見亭】  近江八景「石山の秋月」のシンボルとなっている月見亭は、瀬田川の清流を見下ろす高台に設けられ、後白河天皇以下歴代天皇の玉座とされた。 【石山寺豊浄殿】  多宝塔の北西、石山寺の最も高いところにある宝物館。毎年春(3/18-6/30)と秋(9/1-11/30)に開催される「石山寺と紫式部」展では、石山寺に伝わる宝物や紫式部・源氏物語に関連した展示を行っている。 ●近江八景「石山の秋月」 宜しければご覧下さいね。‼ 撮影日 2013.03.15 EOS 7D

続きを読む

過去の写真。京都・圓徳院‼

ねねは秀吉との思い出が詰まった“伏見城”の前庭と化粧御殿を圓徳院に移築しました。この庭園は国の名勝に指定されています。かつては池泉回遊式でしたが、現在は池がなくなり枯山水庭園となっています。四季を通じてさまざまな表情が楽しめる庭園です。 宜しければご覧下さいね。‼ 撮影日 2013.03.14 EOS 7D

続きを読む

落差日本一称名滝‼

向かって左が日本一の称名滝 (350m) 向かって右側がハンノキ滝(500m )水量の多い時だけ見られるため日本一には認められません。 宜しければご覧下さいね。‼ ハンノキ滝とソウメン滝‼ 撮影日 2013.5.22  EOS7D

続きを読む

アニメ・おおかみこどもの雨と雪

細田 守監督(ほそだ まもる、1967年9月19日 - )は、富山県中新川郡上市町出身のアニメ監督、アニメーター。2005年からフリー。金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科油絵専攻卒業。日本アニメーター・演出協会 (JAniCA) 会員。 おおかみこどもの雨と雪の舞台は細田監督の故郷でもある富山県中新川郡立山町である。 アニメに登場する家はここがモデルとなっています。日中は雨と雪のグッズを自宅の持ち主の方が行っています。 また、ご家族とお話するのも一つの楽しみとしてここは、冬になると-15℃になるときもあると聞いてびつくりしました。 ここまで行くのに細い道があり小型車で行くか、大岩日石寺の駐車場から歩くのも良いでしょう。 宜しければご覧下さいね。‼ 撮影日 07.01 EOS R5

続きを読む

大岩日石寺‼

大岩山日石寺境内には国指定史跡大岩日石寺石仏、重要文化財大岩日石寺磨崖仏をはじめ、三重の塔、山門、六本滝など数々の寺院や名所があります。また、冬の滝打ち修業も有名で、予約すれば体験もできるので滝修行で心身を清め、自分と向き合う時間を作ってみてはいかがですか。 百段坂沿いにはお食事処や旅館があり、「旅館 大岩館」は2009年に公開された映画『劔岳 点の記』のロケ地にもなりました。 大岩山といえばそうめんと言われるくらいそうめんが有名で、富山のおいしい水で作ったそうめんは喉越しもよくつるつると食べられます。門前街にある各お店では、そうめんのほかに、ところ天や山菜、川魚なども提供しています。ぜひ、そうめんと一緒にお召し上がりください。 宜しければご覧下さいね。‼ 撮影日 07.01 EOS R5

続きを読む

とちの湯とトロッコ電車‼ 今でも私のことを‼

久々に宇奈月とちの湯に出掛けました。 施設に入って受付の方が、パンフレットの写真を提供してくれた方ですね‥‥と今でも覚えていてもらえて光栄でした。 この先も私の撮影した紅葉写真を使うつもりですと言われ嬉しく思いました。 次はゆっくり入浴して疲れを取りたいと思いました。 宜しければご覧下さいね。‼ 撮影日 07.01 EOS R5

続きを読む