能登・機具岩 (別名・能登二見)‼

機具岩 (はたごいわ) 機織り(はたおり)の神様の伝説を生んだ夫婦岩です。 機具(機織りの道具)のような岩々からなっている所から名付けられました。 高さがそれぞれ、16メートルと12メートルの2つの岩が寄り添うようにあり、太いしめ縄で結ばれています。 伊勢の二見岩によく似ていることから、別名「能登二見」とも呼ばれています。 伊勢の二見岩は、高さ9メートルの岩が男岩、高さ4メートルの方が女岩に対して、能登の機具岩は、高さ16メートルの方が女岩、高さ12メートルの方が男岩なのです。 西向きに立っているため、能登の中でも屈指の夕焼けスポット。 まさに、神様が残した置き土産です。 1989(平成元)年から毎年行われている夜間のライトアップですが、2014年は夏期、冬期の実施を予定しています。 機具岩の物語 その昔、能登の地に織物の業を広めた、鹿島郡能登比咩(ひめ)神社の祭神である「渟名木入比咩命(ぬなきいりひめのみこと)」が、織機を背負って山越した折、途中で山賊に遭い、思わず織機を海中に投げたところ、こつぜんとしてそれが岩に変じたといわれています。 宜しければご覧くださいね。‼ 撮影日 2014.08.14 EOS 7D

続きを読む