合格祈願なら於保多神社!(おおたじんじゃ)

元は浄禅寺(現 富山市梅沢町)の境内社であった。弘長3年(1263年)、菅原道真公の尊像を奉り錦重山浄禅寺としたのに始まる。寛文5年(1665年)、浄禅寺境内に新たに天満宮を作り、北野天神を勧請した。富山藩主前田家は菅原道真の末裔を称しており、浄禅寺天満宮は前田家の祈願所とされた。宝永5年(1708年)現在地に遷座し、明治6年(1873年)に通称「柳町天満宮」から現在の「於保多神社」に改称した。

画像


画像


画像


画像


画像


撮影日02/27 EOS7D MarkⅡ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック